PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
c
無料カウンター
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 龍絡の華 (GUSH COMICS 凍る灼熱シリーズ)かんべあきら
    haruo (03/04)
  • 龍絡の華 (GUSH COMICS 凍る灼熱シリーズ)かんべあきら
    kay (03/03)
  • 蜜の詰まった上司 (花音コミックス) 佳門サエコ
    coro (09/09)
  • 蜜の詰まった上司 (花音コミックス) 佳門サエコ
    haruo (09/07)
  • 蜜の詰まった上司 (花音コミックス) 佳門サエコ
    coro (09/07)
  • コーリング (バンブー・コミックス 麗人セレクション)宮本佳野
    はるや (06/13)
  • コーリング (バンブー・コミックス 麗人セレクション)宮本佳野
    松吉 (06/13)
  • G・DEFEND(35) (冬水社・ラキッシュ・コミックス)森本秀
    トモ (04/16)
  • ロッセリーニ家の息子 略奪者(角川書店)岩本薫
    ちるちる西原 (03/23)
  • 巡り合うよベィビィ (ディアプラス・コミックス)木下けい子
    haruya (03/04)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
そんな恋にハマるか! (角川ルビー文庫)成宮ゆり
評価:
成宮 ゆり
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 560
(2012-01-31)
コメント:舞台背景が妙にリアルです

JUGEMテーマ:BL小説
 
(あらすじ・抜粋)
俺がどれだけ惚れているか、ちゃんと体で覚えて?
ダメ犬後輩×最恐美人先輩で贈る下克上ラブ!


保険調査員の江夏慎理(えなつしんり)には、この世で最も恐れている人間がいる。
それは自分を犬扱いする超凶暴な先輩の椿原十希(つばきはらとき)だ。
ある日、調査会場で薬を盛られた椿原を救い出した江夏は、
椿原の予想外のエロさにムラムラしてつい酷く抱いてしまう。
それ以来、椿原の媚態を忘れられず、暴力さえ愛のムチに感じてしまう江夏。
そんな中、椿原と2人きりで出張に行くことになり…!? 
「女好きな俺がこんな凶暴な男にハマるはずがない!」 
ダメ犬後輩×最恐美人先輩で贈る下克上ラブ♡

また、仕事が忙しいです(T_T)
なんか、年度末が近付いてきたからか…?
なんか、歳のせいか、何時間も集中して
仕事できないんだよね…(@_@;)
同僚もイライラっしているのがわかるだけに
いたたまれなくなります…
なので、BL読書は進んでますが、レビューに至らず(p_-)

そんな中、この一冊…
保険の査定の仕事をなさっている方BL...(*^。^*)
シチュエーション萌えです!
明日からもガンバレそ(*^^)vです

私は保険関係の(?)仕事ですがもちろん査定部じゃないけど、
最近プライベートで、偶然に保険会社の人身傷害の(専門だそうです)
査定部の方と話す機会がありまして、別になんてことないんですが
なんか、萌えましたwww

しかも、大型わんこ×ツンデレ美人という大好物www
美人上司は、DV気味ですが(>_<)
温泉旅館出張も、パターンなのはわかっちゃいるが
好きですね…
旅先で出会った、捻挫した彼のことが気になりますwww
しかし、男子高校生がマジで妹から乗り換えたかと
誤解してしまいそうでした。

いろいろ面白かったです。

ちなみに、リアルの保険会社には専属の査定専門での調査員は
いないとのこと…。
事務担当者が、ほとんどの保険会社で掛け持ちで今はやっているとのこと。
外部発注で調査しているのは、全く聞かなかったです。
かなりの裏話的な設定ですね。
経費節減で、専門の査定調査してる保険会社はほとんどないって話は
リアルだから、生命保険も含めたら、外部委託もありかもですね…。
警察への調書取り寄せとか、被害者宅訪問とか
かなり、時間かかりますからね…、5営業日ルールとかもあるしね。
いろいろ、保険会社の事情も含めて読むと結構スリリングです。


posted by: haruo | 小説作家別た〜わ | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
叶わない、恋をしている (SHYノベルス) 凪良ゆう
評価:
凪良 ゆう
大洋図書
¥ 903
(2010-11-30)
コメント:すっきりしない内奥です(-
Amazonランキング: 1738位

JUGEMテーマ:BL小説
 
(あらすじ・抜粋)
片岡志貴は、交通事故で他界した両親に代わり、三人の弟を育てている。
大学を中退し、昼も夜も仕事に明け暮れる日々。
そんな中、バイト先で知り合った神谷から、
志貴はある話を持ちかけられる。
それは、援助と引き換えに、神谷の亡くなった恋人・暁の
身代わりとして神谷の傍にいることだった。
恋をしてはいけない、寝てもいけない、それが暗黙のルール。
分かっていたはずなのに、志貴にとって神谷といる時だけが
心のやすらぎになっていく。だがある日、志貴と神谷は
越えてはいけない一線を越えてしまい…。

すでに仕事も始まり、2011年も快調にスタートしてますよ?
しかし、年末からの居候も未だにおりますので
ネットライフはままなりません(>_<)
ぼちぼちのレビューになってます…

初読み作家さんデス。
なんだか切ない設定のようなので、読んでみました。
基本的にイタイ話が好きなのかもしれません…。

しかし!この話なんだか不誠実すぎます!
以下ネタばれ↓


続きを読む >>
posted by: haruo | 小説作家別た〜わ | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お前になんか惚れてない! (角川ルビー文庫)成宮ゆり
評価:
成宮 ゆり
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 540
(2010-02-01)
コメント:珍しい攻め視点
Amazonランキング: 15902位
Amazonおすすめ度:
一目惚れとか、運命の人とか。
思った以上に面白いラブコメ!

JUGEMテーマ:BL小説
 
(あらすじ・抜粋)
一目惚れの相手は大嫌いなクライアント!? 
天敵同士の勘違いラブ!


深夜残業、厭味な上司、そして厳しい取引先。
最悪な一日に腐っていたシステムエンジニアの佐藤は、
居酒屋で超好みの強気美人と出逢う。
意気投合して体を重ねたらHも最高。
けれど甘い余韻に浸っていた時、
携帯に大嫌いな取引先から連絡が入る。
驚いたことに電話をかけているのは…目の前の男!? 
「男を漁る暇があったら仕事しろ」
なんて憎まれ口を叩くクライアントの鈴木だけれど、
佐藤の頭からはあの日の鈴木の色っぽい顔と
極上のHが消えなくて…!? 
天敵同士の勘違いラブ!

風邪による体調不良のため、ボロボロです。
やっぱ休めば良かった会社…((+_+))
出たら、こき使われるって。
最近、頼りになる上司が自分自身の仕事が増えたようで、
助けてもらえないんだよね。
後輩は決められたことしかやんないしさ。
いや、仕事早いから良いのだけどさ…
なんか、クソ忙しいYO〜(>_<)
なんだか2010年も終盤に差しかかってきたので
仕事が、詰まってきてる気がします。
なので、レビューの勢力が、なんか無くなってきそうで…
いや、できるだけ書いて整理しないと、本雪崩が怖いし(=_=)

さて、あまり読んでない成宮ゆりさんデス。
また、今年の初めに購入したものだ。
例によって、内容をほとんど覚えていないので
2日かけて再読。

佐藤と鈴木の仕事っぷりが、可哀想うすぎて(T_T)/~~~
自分の姿と重ねてしまったよ…
システム部部長がマジムカつく!
忙しくこき使われた上に、この上司だったらマジで
ストレスで、禿げるわ!!

佐藤は、クールを装いきれてない感じがしますが、
鈴木は、結構仮面かぶってます。(その実ツンデレです。)
鈴木の本心が、ほとんど見えないので、
最後にちょっとデレて、萌えました。
攻め視点の話なので、いかにも淡々と事が進むのですが、
最後には、結局お互い一目惚れじゃないの?
と、ツッコミ入れたくなりました。

仕事のトラブル描写が多いので、妙に「わかる、わかる…」
などと、頷いてしまった一冊です。



posted by: haruo | 小説作家別た〜わ | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
妖魔なオレ様と下僕な僕〈7〉 (アズ・ノベルズ) 椹野道流
評価:
椹野 道流
イーストプレス
¥ 893
(2009-12)
コメント:久々すぎて…。
Amazonランキング: 88496位
Amazonおすすめ度:
一年経た二人。

JUGEMテーマ:BL小説
 
(あらすじ・抜粋)
浪人生の正路が妖魔、司野の下僕となり、
同居を始めてちょうど一年。
再び受験の季節が訪れた。
今年は司野の勧めで文系の大学も受けてみることにしたのだが…。
入試前夜、眠れぬ正路を抱いて『気』を整えてくれたり、
当日は必勝弁当を持たせてくれたり…
と思いがけない司野の行為に正路の胸はじんわり 
そうしてついに合格発表の日。
正路の進路はいかに…!? 
待望のシリーズ最新刊! 
新たなる愛の一歩が♪


本当に久々すぎて、前回の流れが全くつかめませんでしたが、
これだけで読んでも、面白いかな…。
今回は、学校怪談物っぽい雰囲気です。

たしかに、この巻は愛の新たなる一歩って感じでした。
イラストが、山田シロさんに代わって、司野も正路も
大人っぽく、なったかな…。
特に正路。。。
ショタぽさがなくなり、私は正路の場合、今回のほうが良かったですが
司野は弓月さんのほうが妖魔っぽくて好きだったかも(;一_一)
などと、感じてしまいました。
これも、次巻はいつなんでしょうかね?



posted by: haruo | 小説作家別た〜わ | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
にゃんこ亭のレシピ4 (講談社X文庫―ホワイトハート)椹野道流
評価:
椹野 道流
講談社
¥ 609
(2009-12-24)
コメント:世界観がほのぼの
Amazonランキング: 92963位
Amazonおすすめ度:
完全にほのぼの家族物語化してきた。

JUGEMテーマ:BL小説
 
(あらすじ・抜粋)
お待たせしました!
銀杏村は今日も元気です!
神の子コギとイケメンふたりの、ほっこり家族物語。

銀杏村に冬がやってきた。
ゴータが経営する料理店「にゃんこ亭」は、
相変わらず試行錯誤を繰り返しながらも、
地域に密着したお店を経営中。
頼れる相棒は、パティシエのサトルと、
愛くるしいおかっぱ頭に三角の耳とふさふさの
尻尾を持った少女――神さまの子、コギ。
バレンタインデー、ひな祭り、そしてコギのお誕生日と、
穏やかな日々が続くが……ハプニング発生!?
気の簡単レシピと一緒に、小さな幸せをお届け!


このホワイトハートでの椹野道流 さんは、ほのぼのと言うか、
淡々としているというか。。。
少女たちが読んで、何となく腐女子になってしまうような
臭いがするレーベルです…。
まあ、BLじゃないんですが、なんともユギさんのイラストが、
あと、ゴータ×サトルがどうしても「×」な感じなんですよ。
しかもわかりやすい感じで(>_<)
ほのぼのと、なごみたい時に読みたいシリーズです。
憧れの世界ですね。
都会暮らしの私には、絶対無理ですが、
やってみたいですね、田舎暮らし。






posted by: haruo | 小説作家別た〜わ | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
信じてないからキスをして (ガッシュ文庫)火崎勇
評価:
火崎 勇
海王社
¥ 610
(2010-05-28)
コメント:サクッと読めます!
Amazonランキング: 3102位
Amazonおすすめ度:
良いです
恋愛、受けの性格の変化、そして事件と3倍楽しめる作品
期待以上の面白さ

JUGEMテーマ:BL小説

(あらすじ・抜粋)
「裁判員制度導入を睨んで、検察は美人を選んだって噂は本当だな」
捜査一課の刑事・加倉井の印象は最悪だった。
綺麗な見た目に反して堅物な新人検事の千条を、
いつも口説くかのようなに揶揄うのだ。
だが、ある事件に関わったとき、加倉井が真剣な眼差しで、
千条に協力を求めてきて…。


暑いですね。
なんだか、夏バテでレビューさぼりまくりです。

最近刑事ものは法務省全体がネタとなって楽しめます。
BLは何処までも行く…。
今回のクールビューティーメガネ受けは新人検事です。

結構事件は、こじつけと言うか、犯人探しは無理がありましたが。
2時間サスペンスのようなテンポでおもしろかったです。

犯人がかなり残念な性格で、可哀そうです。
悲しい展開です。
加倉井さんのカッコよさが伝わらない分、千条の変化や
意外と男前なところが良かったです。


 
posted by: haruo | 小説作家別た〜わ | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
忘れないでいてくれ (リンクスロマンス)夜光花
評価:
夜光 花
幻冬舎コミックス
¥ 898
(2009-09)
コメント:ファンタジック!
Amazonランキング: 3146位
Amazonおすすめ度:
夜光作品の定番を押さえつつも異色の仕上がり
夜行花さんお得意のミステリー
スピンオフ希望

JUGEMテーマ:BL小説

(あらすじ・抜粋)
他人の記憶を除き、その記憶を消す能力を持つ守屋清涼は、
客の女性の記憶を消したことを、刑事の秦野に咎められ――!?



おもしろかった。。。
最初、特殊な設定についていけない感があったのですが、
清涼さんのおっとこ前な感じに、萌えましたああ(~o~)
表紙とか超ヤバイ。。。!
秦野とのやり取りとかはテンポもよく、ヘタレ刑事純情派(笑)
弱い私には、大好物でした!ごちです!

夜光花さんいわく、ツンデレな清涼さん、デレた感じはしませんでしたが
ヤサグレ感がたまりません。
おきれいな顔の割に、乱暴な所作が素敵でした。
過去のトラウマと男らしく闘ってくれました。
しかし、ちょっと泣きそうな感じもかわいかったかな。

リアルライフゲーム(←レビューもどうぞ)』より、
個人的には、おもしろく愛があって、読みやすかったです。


 
posted by: haruo | 小説作家別た〜わ | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
愛するということ (角川ルビー文庫)谷崎 泉
評価:
谷崎 泉
角川グループパブリッシング
¥ 560
(2009-05-01)
Amazonランキング: 109059位
Amazonおすすめ度:
オススメです!
今の季節にぴったり
せつなくて心温まる話です。

JUGEMテーマ:BL小説

(あらすじ・抜粋) 
デザイナーの壱は、仕事先で今は亡き恋人と同じ声を持つ大企業の社長・灰田に出会う。
驚く壱だったが、声以外は似ても似つかない不遜な態度の灰田になぜか気に入られてしまう。
人の気も知らずに迫る灰田を邪険にしつつも、
灰田の声の昔の恋人を思い出し不覚にも泣いてしまった壱は、
強引だけれど優しい灰田の温もりに、体をまかせてしまい…!?
「すまないが、お前を諦める気はない」
美貌のセレブ×勝ち気なデザイナーのアダルト・ラブ。


ああ、おかしい。
体をまかせたところが覚えがない。
途中までしか読んでないかも。

なんか、壱のなんかイジイジした感じが、ウザかったんだよね。
なんか、お屋敷みたいなところに事務所を抱えて
お姫様みたいに守られて、ってのが。
確か…。

でも、評価高いんですよね。
この話。

再度チャレンジしてみます。
まあ、それだけ、ストーリーを覚えているので
やはり、面白い話なのかな。
posted by: haruo | 小説作家別た〜わ | 01:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
楢崎先生とまんじ君 (二見シャレード文庫 ふ 3-14)椹野道流
評価:
椹野 道流
二見書房
¥ 650
(2009-06-23)
コメント:楢崎先生のモラル感が(笑)
Amazonランキング: 326位
Amazonおすすめ度:
BL版・忠犬ハチ公
一途の勝利

JUGEMテーマ:BL小説

(あらすじ・抜粋)
 ……早まったか、俺……
K医大病院のクール・ビューティから亭主関白受けへ
華麗な変身を遂げた内科医・楢崎先生と、
ヘタレわんこ攻め「まんじ」こと万次郎の愛の軌跡!
『茨木さんと京橋君』シリーズ番外編。

低血糖で病院に担ぎ込まれた間坂万次郎が出会ったのは、
理想のパーツをすべて備えた内科医・楢崎千里だった。
パーフェクトな外見と、ポーカーフェイスかと思いきや意外と表情豊かで優しく、
おまけに猫舌という可愛い弱点を持つ楢崎。
知れば知るほど好きになっていく万次郎は、
やっとの思いで彼と結ばれるのだが…。
その後一度も会えないまま楢崎はアメリカへ留学してしまい――!? 
亭主関白受けとドMワンコ攻めの、究極のご奉仕愛!


待ちに待った。
ニヤニヤクールビューティー楢崎先生。
今回、楢崎先生のボーダーレスな倫理観が垣間見れた反面
まんじに意外とメロメロな、ツンデレ具合を楽しめました。
かわいい!

まんじの気持ちにシンクロです。
メス花のおふた方も、相変わらずの夫婦っぷりでニヤニヤ。
この二人の前で、まんじとの馴れ初めを語ってしまった楢崎先生。
そうとう、メロメロってことだなあ。


posted by: haruo | 小説作家別た〜わ | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
リアルライフゲーム (リンクスロマンス)夜光花
評価:
夜光 花
幻冬舎コミックス
¥ 898
(2008-09)
コメント:ゾクゾク。
Amazonランキング: 3545位
Amazonおすすめ度:
残念ながら期待はずれ
ページをめくる手が進む
期待は外れる事無く。

JUGEMテーマ:BL小説

(あらすじ・抜粋)
 マスの指示をリアルに行う人生ゲームを開始した4人。
シールで隠されているゲームのマスにはとんでもない指示が隠されていて――!?


ありえ無さ感がマックス。
でも、ハラハラして、読み安かった。
こんな設定や展開は初めて読んだな。
本当にリアル人生ゲームだ。
若い子わかるんだろうか、このゲーム。

複雑な関係の4人が淫らすぎてwwwwww
翔太が(冷汗)…。

しかし、最後まで愛を感じにくいし、いじわるっぽくて
あまり好きな話じゃなかったですが、面白かったです。


posted by: haruo | 小説作家別た〜わ | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |